カタチとチカラ1 ~宇宙と人

宇宙の始まりは「点」でした。

それが「円」となり、「線」となり、「3角」、「4角」、「立体」と、
自分を拡げながら、世界を創っていきました。

全てが合一している「点」状態の宇宙は、この世界でいう面積も時間もひとつ。
全てが一つ、一つが全ての完全な世界です。
宇宙はその完全な世界を捨てて、自分の一部を拡げることにしました。
「自分を拡げる」という表現より「自分に制限を設ける」が正しいかもしれません。
完璧な自分の力を一つひとつ制限していくことで、世界を創ってきたのです。

宇宙は、完全な自分をどんどん捨て、
言い換えればエネルギーレベルをどんどん下げて、世界を創造していきます。
やがて私たちが認識できるこの世界、
時間や空間という制限された世界ができました。
そして、そこに人を創りました。

つまり、人というのは、宇宙が自分のエネルギーを下げに下げ、
あらゆる能力の制限をかけて生み出した宇宙の分身なのです。

では、宇宙は一体なのために、不完全な自分である人を創ったのでしょう。。

つづく

Comments (0)

› No comments yet.

Pingbacks (0)

› No pingbacks yet.