カタチとチカラ2 ~宇宙と人

前回のつづきです。

「なぜ、宇宙は完全な自分を捨ててまで、世界を、人を創ったのか?」
いいかえれば、人類最大のテーマでもある
「人は何のために存在しているのか?」です。

答えは、、、わかりません。
宇宙そのものでもならなければ、
本当の答えなどわかりようがないのです。

ただ、これで話が終わったら、おもしろくありません。
宇宙はせっかく思考する頭と心を人に与えてくらたのですから、
わからないながらに考えてみましょう。

内面宇宙を駆け上り「悟り」を目指した人や
最先端の素粒子物理学や統一理論の研究を試みている人など
この問いに挑んだ先人たちの知恵もお借りします。

では、

・・・・・・

宇宙は、ずっと「点」でした。

「点」の宇宙は、
全てがあり、全てがない状態、
存在していて、存在していない状態です。

私たちの世界では、同時におこりえないことが、
すべて一つになっている、完全無欠、完璧な世界です。

しかし、そんな「完璧な世界」にもないものが一つだけあります。
それは「完璧じゃない世界」です。

ある日、宇宙は、ほんの一瞬、ほんの微細に、
自分に対して「?」をもちました。
「完璧な自分は、完璧じゃない世界をもってないから完璧ではないのか?」
「私は何者であろうか」 と

そして、その瞬間に、「点」の完全性が崩れはじめました。

「不完全性」が、次の「不完全性」を生み、
その「不完全性」がまた次の「不完全性」を生む。
そして、不完全性のなかに、私たちの世界ができ、人ができました。

宇宙は、「?」を持つことで、
「完全」である宇宙が唯一もっていなかった「不完全」をてにいれ、
その「不完全」の世界から、「?」の答えをみつけだそうとしているのです。

世界が存在する理由は、宇宙が自分に対して「?」を持ったから。
そして、私たち人は、この「?」を知るために作られた宇宙の分身なのです。

宇宙は、自分を理解するために、
世界を創って、人を創ったのです。

つづく

Comments (0)

› No comments yet.

Pingbacks (0)

› No pingbacks yet.