« Posts under カタチとチカラ

カタチとチカラ5 ~トーラス循環は根本原理


根源から生じた波動を、トーラス循環により存在定義されたのが
私たちの認識するこの世界です。
ミクロからマクロまで、私たちの世界と私たちは、
波動をトーラス循環によって定義することで存在しています。

そして、カタチ(シンボル)は、
トーラス循環の機能や性質の一部を体現しているものなのです。

これがこの世界の真実で、はじまりでもあります。

とても大事なのでもう一度繰り返します。
この世界は、振動パターンである波動をトーラス循環により定義することで存在しているのです。

例えるなら、「波動」という素材を、
「トーラス循環」という道具と、カタチ(シンボル)という手法を用いることで、
この世界を作っているのです。

理解を促すために、「この世界」よりも低い階層(便宜的に)にある、
コンピュータの中に作られる世界「メタバース(3Dバーチャル空間)*1」と、
「絵本に描かれた世界」とを比較すると以下のようになります。

絵本の世界 メタバース
(コンピュータ内の世界)
この世界
素材
(根本単位)
顔料、ロウ、パルプ 0と1 振動
道具
(根本法則)
クレヨンと紙 記数法*2 トーラス循環
手法
(基本法則)
描く プログラム言語 物理法則・カタチ
創造物 紙に描かれた世界と
その中のもの
3Dバーチャル空間と
その中のもの
4次元時空と
その中のもの
認識領域 紙に描かれた世界 3Dバーチャル空間内 4次元時空間内
*1メタバースは、厳密にはこの世界より低い階層ではありません。
*2文字や記号と一定の規則を用いて数を表現する方法

この世界での「トーラス循環」とは、
絵本の世界での「クレヨンと紙」に相当し、メタバースでの「記数法」に相当します。
「クレヨンと紙」がなければ「絵本の世界」が創れないと同じように、
「トーラス循環」がなければ「この世界」は存在しえません。
» 続きを読む

魔法陣の作り方

多層構造魔法陣 TheWorld -heart 

多層構造魔法陣 TheWorld -heart  魔法陣の作り方をよく訊かれます。

実は、過去にインタビューに答えるかたちで、
魔法陣の作り方のさわりをお話したことがあります。

こちらに掲載されていますので、ご興味のある方は読んでみてください。

魔法陣ができたら、実験してみてください。
まずは自分への影響。意識下、無意識化。次に他人、集団他人への影響。
ついで、動物、植物への影響・・・といろいろやってみてください。
どこかであきからに偏りのある結果がでたら、それをベースに再構築です。

効果のあるものができたら、理論といっしょに私にも送ってください。
効果が高いようでしたら、Voiceさんにご紹介します。

 

 

 

» 続きを読む

カタチとチカラ4 ~本当は誰でも魔法陣を活用している

シンボルへの収束

シンボルへの収束 実は、どんな人でも日常的に魔法陣を活用していたり、
魔法陣を作っていたりするのです。

例えば、
恋人に花を贈ろうと花束を作っているとき、
宝石や貴石を選んでいるとき、
家具やカーテンを選ぶとき、
そんなときです。

「恋人に花を贈る」という行為をよく考えてみてください。

花を贈る目的は、相手を幸せな気持ちやうれしい気持ちにさせたいからですが、
そもそも、なぜ花をもらうと幸せを感じたり、うれしい気持ちになるのでしょうか? » 続きを読む

カタチとチカラ3 ~宇宙と人

○芒星とか神聖幾何学などといわれる図形や
黄金比、白銀比、フィボナッチ数などで構成されている図形などが
強いチカラを持っているのは、そのカタチが世界の法則をより表現しているからです。



» 続きを読む

宇宙図アニメーション

国立天文台のwebサイトに、おもしろいアニメーションを見つけました。
宇宙が一つの点から、エネルギーを下げつつ世界を広げていく様子を描いたアニメーションです。
カタチとチカラ1カタチとチカラ2の記事をこのアニメーションをみながら読むとすこし理解しやすくなります。

宇宙図宇宙の始まりについて、ある説では、宇宙は「無」から生まれたとしています。「無」とは、物質も空間も、時間さえもない状態。しかしそこでは、ごく小さな宇宙が生まれては消えており、そのひとつが何らかの原因で消えずに成長したのが、私たちの宇宙だというのです。また生まれたての宇宙では、時間や空間の次元の数も、いまとは違っていた可能性があります。ある説によれば、宇宙は最初は11次元で、やがて余分な次元が小さくなり、空間の3次元と時間の1次元だけが残ったのだといいます。宇宙の始まりは、まだ多くの謎につつまれています。それを解き明かしていくのは、いまこれを読んでいるあなたかもしれません。

宇宙図サイトより転載
http://www.nao.ac.jp/study/uchuzu/rule.html

人はさまざまなアプローチで世界を知ろうとこころみています。
物理学も哲学も数学も宗教も、音楽や美術も、全てが世界とは何かを知るための方法論。

人って、なんだか健気で、一生懸命ですね。