スピリチュアルを悪用する人

以前に勤めていた会社の元部下から、とある相談を受けました。
この元部下は、その会社にいたころの私のチームの一員で、チーム内で最も仕事ができる優秀な女性でした。仮にAさんとします。
Aさんは、私がその会社を去ったあとに順調に出世し、今ではチームを管理する立場になっています。

さて本題に戻って、Aさんからの相談内容ですが、
最近、AさんのチームにBさんという方が異動してきたのですが、
このBさんは、ことあるごとにAさんにスピリチュアルなアドバイス?をしてくるそうなのです。

具体的には次のようなものです。


1)B:「私は人のオーラがみえるの。Aさんの今日のオーラは黒味がかかっていてあまり調子がよくないようだから、もう帰ったら」
2)B:「Aさん、いま打ち合わせしていたお客さんはどこの人?私は人の本質がわかるんだけど、あの人は良くない人よ。いっしょに仕事するのやめたほうがいい」
3)B:「Aさん、体の調子がわるくない?肩こりとかないかな?私は浄化もできるから、背中の悪い気を払ってあげる」
4)B:「Aさん、私のリーディングのとおりにしないと、あまり良いことにはならないよ。以前に無視した人は大変なことになったんだ」

Aさんは、スピリチュアルに関する知識はないけど、興味はとてもあったので、
当初、Bさんの話をよく聞いていたのですが、次第に、違和感を感じるようになってきました。

今では、上記のような、Aさんの行動を制限するような、ネガティブな発言ばかりをしてくるので、
Bさんとはできるかぎり関わりたくはないのだけど、
「アドバイスを聞かないと、良くないことが起こるよ」と言われると、怖くて無視もできないのだそうです。

実は、このBさんのように、スピリチュアルを悪用する人はけっこういます。
スピリチュアルは目に見えないものなので、自分に都合のよいように解釈や理屈付けをして、
周りの人より優位に立とうとしたり、場合によっては、脅して、人をコントロールしようとしたりするのです。

BさんがAさんにするアドバイスにも、次のような思惑がうかがえます。

1)私は人のオーラが見える
→人が持っていない力を顕示することで、自分を特別な存在にみせたい。オーラが見えるかどうかは他人はわからない。
2) 私は人の本質がわかる。あの人は良くない人だから付き合うな。
→自分の知らないところで、Aさんが仕事を成功させてしまうのが心配。悪者にならないように妨害したい。
3) 体の調子がわるくない?悪い気を払ってあげる
→人が持っていない力を顕示することで、自分を特別な存在にみせたい。Aさんに恩もうれる
4)私のリーディングのとおりにしないと、悪いことが起こる
→Aさんのことを自分が思うようにコントールしたい。場合によっては脅して言うことをきかせてやる

Aさんに上記のことを説明しつつ、Bさんから少しづつ離れていくようにアドバイスをしました。

しかし、それでもAさんは、Bさんのリーディングによる間接的な脅しが怖いというので、一計を講じてみました。
それは、私が初対面の新規顧客として、Aさんの会社に訪問して、前向きな打ち合わせを行い、仕事がうまくいくような流れを演習するのです。
そうすれば、人の成功を良しとしないBさんならば、きっとなんらかのアドバイス(リーディング)をしてくるだろうと。

案の定、Bさんは、Aさんにスピリチュアルにもとづくアドバイスをしてきました。
「あの人は、○○な背景ををもっているので、あなたとは合わない・・・」

Aさんは、このときばかりは興味をもつ素振りをみせ、私が演じた新規顧客の詳細をきいていきました。
Bさんはノリノリでそれに答えていきました。

結果、Bさんのいうことはまったく当たっていなく、完全にあてずっぽうであることがはっきりと分かったそうです。
その後、Aさんは、Bさんから何をいわれても気にすることなく、距離をおくことができました。

 

スピリチュアルとは、本来、自分や自然、宇宙や世界を理解するための手助けになるものであって、他者をコントロールする道具では決してありません。
もし、聞いてもいないのに「私はあなたの●●がわかる、●●を見ることができる」などといってきた人がいたら、詐欺師と思って間違いありません。

 

 

 

Comments (0)

› No comments yet.

Pingbacks (0)

› No pingbacks yet.